布ナプキンのなにがいいの!?気になる効果は?

布ナプキンのなにがいいの!?1位:つけ心地のよさ

すぐに感じてもらえるのが、つけ心地のよさです。ビニールのような固さのある紙ナプキンとは違って、「フカフカ」で下着の装着感となんら変わりありません。




2位:生理期間が短くなった

1週間以上、微量な出血が続いていた女性の多くが、平均して5日間程度ですっきり終わっています。経血が赤くなり、さらっとしたという方も多いです。    




3位:生理痛の軽減

「生理中のお腹の痛みがなくなった」「腰の重さがなくなった」など幅広い症状の軽減も体感としてあるようです。自分の体温で布ナプキンが温められ、それが保温効果となって生理痛の軽減になるのではないか、とも言われています。




4位:かゆみ・かぶれの解消

紙ナプキンは、石油系の素材から作られていて、水分をジェル状に固めることから、通気性が悪くなりがりです。そのためムレることが多く、かゆみやかぶれが発生します。布ナプキンは布の性質上、風通しがよく、ムレにくいため、かゆみやかぶれが発生しにくいです。




5位:PMS(月経前症候群)の軽減

ある程度の期間(約半年ぐらい)、布ナプキンを使用された女性が、徐々に体感されているようです。




布ナプキンのなにが悪いの?

布ナプキンのなにが悪いの?1位:使用済みナプキンを持ち歩きたくない

「今までゴミとして捨ててきたものを、バッグに入れて持ちかえるなんてありえない」「外出先でもなんとなくニオイが外にもれたりしないかなど心配」という意見大多数です。そんな女性に向けて、LINTENでは、女性がバッグに入れてきちんと持ち運べるポーチを開発しました。





2位:漏れるんじゃないか心配

動きにより、ずれることでおこるモレは、紙ナプキンと同様に起こりえます。また紙ナプキンが横からもれることが多いのに対して、布ナプキンは縦に浸透してモレるという傾向が従来はあったようです。LINTENの布ナプキンはモレないための構造にこだわりました。また、多い日用は紙ナプキンを下に敷いても使えるという、はじめての方にもやさしいデザインです。





3位:洗濯が面倒

布ナプキン愛用者さんは、月経中、自分の経血を洗っているうちに、愛おしく感じられるようになるそうです。従来の布ナプキンは、洗剤の入ったバケツ等につけ置きする必要がありましが、LINTENではつけ置きしなくても、スプレーするだけで血液が落としやすくなる、血液専用の洗剤をご用意しました。





4位:初期費用が思ったより高い

布ナプキンは洗って何度でも使えるため、トータルでみると紙ナプキンよりも、ずっと経済的です! それでも一度にそろえるのは、本当に布ナプキンを続けられるかと悩んでいる段階では難しいですよね。

LINTENでは、ポーチや洗剤もついた、はじめての方専用のセットをおすすめします。




5位:まわりで使っている人がいない

デリケートな問題ですから、まわりに相談できる知人がいないのは心細いですよね。IDRでは、はじめて布ナプキンを使われた女性の声を聞く座談会を開催しております。




布ナプキンを使うということ

〜なんとなく布ナプキンが気になるかも〜という心の変化から、ちょっとずつ気づいていける。布ナプキンはそんなアイテムです。



「生理中でも布って気持ちがいいな」とか「あたたかいな」と感じていくうちに、自分の身体の状態に、しっかり耳を傾けられるようになるのだそうです。そして、その身体は心と深く結びついていて、新しい命へと繋がっていきます。



布ナプキンは、とりわけ難しいことではありません。紙ナプキンに含まれる高分子ポリマーや、塩素漂白などの化学物質は、布ナプキンには含まれていないので、あなた自身のまっさらな月経へと戻すだけのことなのです。



余計なものを取り払った中に、自分らしい生き方が、少しずつ、ゆっくり見えてくるのではないでしょうか。